--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2011/09/18 (Sun) 02:05

山水

幸か不幸か、初めて喫茶店というところで珈琲を飲んだ時、淹れてくれたカップが青山水だった。今で言う中央区のまっちゃ筋に面した純喫茶だった。確か、赤と青の山水しかカップがなかったように覚えているが、定かではない。今、どこの喫茶店に入ってもまずこの山水は出てこない。残念至極である。

私の知っている店で、客にカップを選ばせる店がある。リクエストがなければ選んでくれる。出てきたカップを見て、ほぉなるほどと思ったものである。

ところで私は珈琲が大好きだが、所謂珈琲専門店で出す珈琲の味に少々疑問がある。濃すぎるのである。もう少し言えば、少々えぐ味が出ているところもある。胃がそれほど頑健にできていないからかもしれない。でも、食後に濃い珈琲は胃もたれがする。あっさりと透明感のある味がいい。

ブラジルに移民し、珈琲農園を営んだ人達は日本人が大好きなブラジルサントスを一生懸命栽培したという。わかるような気がする。コロンビアはチョコレートフレーバーがすばらしいがそれを出すにはそこそのローストが要る。煎りが深いと味は濃くなる。私は浅煎りのブラジルとかドミニカが好きである。それを青山水に入れて喫する…。心が落ち着くこと間違いない。
03-273B-CS_2.jpg



先ほどからネットで探している。やっと見つけたのがこの写真である。
最後は白…と思っていたが、最後は山水であったようだ。
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。