2011/09/20 (Tue) 02:50

教育的指導

あろうことか、毎週“大河”を見ている。それも見逃さないように録画して…。
昨日のこと。将来の暦女まちがいなしの娘と並んで見た。プンプン怒っている。
こんな具合だ。
こんないい加減な歴史考証の作り物をなんでみるの?!
いや、樹里ちゃんかわいいし(*^_^*)

場面ごとに、ありえへん!こんな場面ありえへん!許されへん!とぼやく。
いいやん、娯楽、娯楽。

ひどすぎる。ちょっとネットつけていい?
どーぞ(江の子ども、調べる気やな…)

…、っと言うことは、わっ!このドラマでは保科は認めないっちゅうことか。あかん!もうあかん!
…ただただボー然。。。

この子にクイズを出してあげられたのは小学生までである。
世の受験生をお持ちの親御さん。悪い事は言いません。マンガ日本の歴史を子どもさんに買い与えてください。
そしてできるだけ、しょうもないバラエティー番組を見ないように気をつけてください。
さらに、ケータイ(特にスマホ)や携帯ゲーム機は与えないことです。

子どものスポンジのような脳をアホな機器や番組に潰されないように守れるのはお母さんだけです。
因みに我が家のおばか娘も最近iPhoneを父に取り上げられました。
もう二度と与えません。
以上です、はい。
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive