2011/11/16 (Wed) 03:24

待つ

この仕事に就いて、もう30年を越えている。
昔なら人生自体が終わっている年齢にも達したが、自身では実に精神年齢が低いと卑下している。
そうは言いながら、周りを見渡してみて最近気がついたことがある。

子どもと向き合う時、待てないうちは講師なのである。

待てるようになったら先生、かな。

勿論、象徴、である。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive