2011/11/16 (Wed) 03:30

舞台

先日、中1の子と一緒にギターの練習をした。
この子、“現役”の時にアコギを買ってもらったのである。勿論、火をつけたのはクマである。
さすがに入試で少しペースが落ちたが、進学してからは個人レッスンも始めたのである。
実は、その子。もう私などより舞台経験が豊富である。

舞台、というものの不思議さである。
人前でやるんだったら…そう想定して稽古している私には機会が巡ってこない。
じゃ、どうして手放さないで稽古するのか?
舞台にも立たないのにアンプを結構もっている。
アンプなど一人弾きには無用の長物である。
面白いものである。
Trackback(-) comment*0 | 私小節
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive