--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2011/11/28 (Mon) 02:34

とき

時間とは不思議である。
半分にも満たぬ間は先が重苦しく感じられ、過半となると残りを数えだし心が細くなる。
早いものでもう師走がすぐそこまでやってきた。子ども達に予告した。合宿が終わったら受験まであっという間だよ…と。さぞや彼らは痛感していることであろう。

この時期になるといつも思う。
どうか無事で、気持ちも穏やかに受験に臨んでほしいと。
そして子ども達の周りに居る者として、もはやそこしか手を差し伸べられないこともまた痛感している。

今、子ども達は猛烈な速さで成長している。
今まであちこちに撒き散らした物がここに来て集約されてきている。
おかしなことにあまりに近くに居るとそれに気がつかないこともある。

じっと見守る…なかなかに至難である。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。