--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2011/12/01 (Thu) 03:58

速読、無駄話

我が娘は速読をしている。ありがたいことに、好結果を残している。今、高校2年生であるが、とりあえず現段階では国語の成績はかなり良いといって間違いがない。ま、受験で成功するかどうかは未知数ではあるが…。

娘の通う学校が速読を導入するかどうかで検討していたらしい。が、話は流れた。当然、わが子の結果は参照された。聞けばすんでのところでポシャッタと言う。

速読を入れたから受験に成功するとは限らない。が、大阪内部にある、ここ数年めきめきと上位校の道を邁進中の某高校は迷うことなくあっさり導入したそうである。ためになりそうなことはどんどんやるこの姿勢。最近の上昇ぶりも納得が行く。

反対は国語の先生に多いと聞く。真相は知らないが、残念である。

合わせて思うことがある。英語の成績を伸ばしたかったら海外語学研修も結構だが、日本語教育を見直すべきである。きちんと読み、内容把握できる力。そしてそのためには語彙と文法の基礎が必須である。さらに、歴史も有形無形の協力を惜しまないはずだ。

センター試験の国語と英語の問題をぱらぱらとめくって見るとよくわかる。ありゃ、速く読めないと絶対通用しない。

ところで。
「中高の間はケータイ所有を禁じます」…な~んて格好いい学校はないのか知らん。
この文明の利器は発展途上の人間の能力を次々に蝕んでゆく凶器なのであるが…。
世間の親達はわざわざお金を出して、大切なわが子にこの凶器を持たせているのである。
というと、ちょいと大げさかな^_^;
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。