--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2011/12/06 (Tue) 03:25

電話

ちょっと生活面で頭打ちの子が居る。色々な見方ができると思う。私は、自分の目の前に現れた子をやっぱり伸ばしたい。伸びて幸せになってほしい。時として甘いとそしりを受けるほど保護してしまうこともある。

件の子がプレテストを受けた。模擬ではなかなか伸びが掴めなかったが、そのテストでは嘗てないほどいい成績であった。気づかぬ間に伸びていたということになる。私は、ついトラブルに目が行き、その子の着実な伸張を見逃しそうであった。

ここまできたらあとは気持ちの強さである。子どもの心が安定するかどうかはお母さんの影響が大きい。受験は終わって初めてその意義の大きさに気がつく。塾の子でもものすごく感動する。ましてわが子なら言葉で言い表せないくらいである。

どうか、受験まで心穏やかに。充実した日々を…と願うばかりである。勿論、その子だけではなく、全員にそう願う。
無事で試験場に赴き、そして乗り越える。
自分で自分の戸を開けるのである。
Trackback(-) comment*0 | 子どものこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。