2011/12/12 (Mon) 02:21

雨後の筍

シーズン外れだが…今時分の6年生は全く雨後の筍のようである。日々、成長しているのが見て取れるのである。ちょっとずつだが大人に近づいている。今までよりは視点が上がる。因って見える景色が広がり判断が多彩になる。与えられた条件を並べてから物を考えるようになってゆくのである。それを子ども達にこう伝えてる。ほんとに勉強している人は段々寡黙になるものだよ…と。だから沈黙は金などと言うのかもしれない。

実際問題、毎日毎日塾に来て長い時間居て、勉強もするけど色んな会話もして、それが成長期なのだから当然と言えば当然。そういう意味で私はとても幸せな人間であろう。子どもが伸びてゆくのを見ているのは実に楽しい。今まで通じなかった話が通じるようになる。今のこの時期、一番6年生が楽しいのである。

そんな子ども達を見ていていつも思う。くさらせてはいけない。乗せていかなくては…と。
ただ。。。
これから受験直前に向けて妙に躁状態になる子が居るのだが、これは絶対良くないのである。怪我やトラブルに見舞われることだってある。ここまできたら気を充実させて、穏やかに落ち着いて過ごしてほしい。

鉢巻締めてエイエイエオー!だなんて…少なくともクマ塾ではお奨めできない。

毎日、筍ちゃんと過ごすのは楽しいのである。
Trackback(-) comment*0 | 子どものこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive