--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/01/31 (Tue) 03:28

陶板

クマ塾にお越しになった方ならご存知かもしれないが、入り口に陶器で作った看板がある。同級生で陶芸家の“巨匠”が作ってくれたものだ。
初夏に入院して、復帰した初日に教室に行ってみると、ネットに吊るしたギターとその陶板が落ちていたと講師に聞かされた。よく見ると四隅のうちの二隅が直角三角に割れていた。私は、ちょっと不思議な気持ちになった。今もその欠片は捨てないで置いてある。

先日、かの巨匠に会いたくなって工房を訪ねた。互いの近況話に花が咲いた。勿論、私の波乱の一年の話の方が多かったが…。自然、その陶板の話になった。割ってしまって申し訳ないなぁという気持ちと、なんだか土偶の役目のような気もするし…。そして、やっぱりこの陶板が割れたことが暗示であったかと思っている。

その話をしていると彼がやおら立ち上がり棚から何かを取り出した。以前、お願いしていたボトルネックであった。もう少し表面を滑らかに…ということでお願いしたものだった。陶器で弦を擦ると柔らかい音になる。ガラスとも金属とも違う音色。。。

ただの粘土が彼の手の中で手品のように器になる。それはえもいわれぬ美しさである。あのシェイプが到底できないから、私は見る側に回ってしまうことにしている。

そのうち、注文で抹茶碗を発注み(たのみ)たいものだ…^_^;
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。