--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/03/09 (Fri) 03:46

コーラスの妙

ビートルズのファンなら知っている。
メインボーカルをとっている人がその曲をかいた人であるという原則を。。。
だからイエスタデイはポールであり、ミッシェルもポールだが、イン マイ ライフはジョンなのであって、サムシングはなんとジョージなのである。かのフランク・シナトラがサムシングの作者はポールだといってきかなかったという逸話を読んだことがある。

でも初期の作品ではあまりに綺麗にハモりができていて、そんな声のメンバー居たかな?と思うような曲がある。ジョンとポールの声は決して似ていないが、揃って歌うと、ブレンドされて別人が一人出来上がるのである。
故に、ベイビーズ イン ブラックなどはハモりのパートを拾うのが難しかったりするのである。

誰だったかな?レターメン、かな?
ビートルズはあらゆるパターンのコーラスを全部やってしまった…そんなコメントも聞いたことがある。

ただ、彼らはパロディーバンドだったという面もあるようで、流行の?パターンを上手く取り込んで自分達のものにしてしまっている。

勿論、ジョージ・マーチンあればこそ…ではあると思うが。
Trackback(-) comment*0 | 音楽夜話
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。