2012/03/30 (Fri) 01:06

この国…という呼び方

日本のことを日本人が『この国』と呼ぶ。それも立場ある人に多い呼び方である。
政治家や評論家、文筆家。。。なぜ『日本』や『わが国』ではなく『この国』なんだろうか?聞いていて違和感を感じる。この呼び方には突き放したような冷たい響きがある。
私に思い当たるところでは、『この国』を使った著名人は司馬遼太郎である。そう…『この国のかたち』という作品がある。が、これはこれで良いと思うのである。日本という国の成り立ちを紐解いてゆこうとするのである。これでよい。

が、メディアに頻繁に顔を出す著名人が口語で『この国』とやると、お前さん一体何人?と問いたくなるのである。ま、その前に今の政権与党の所属議員の殆どにその質問をぶつけたいのであるが…。
で、この国である。前首相に至っては『君が代はなんだか元気がない。国歌たるものもっと元気な方が良い』などと堂々の国会答弁をした。驚きである。

この、『この国呼称』を指摘したのは青山繁晴氏である。わが意を得たり!私は自らの言葉に関する感受性が鈍っていないことに安堵した。彼はさらに言う。『大阪、維新の会』に『維新』という冠を使ってほしくない…そう付け加えた。

今、肩で風切る勢いの維新の会。それに向かってなかなかの勇気である。匿名で揶揄や批判は簡単だ。だが、彼のような立場の人間が流行に阿ることなくぶちかます姿は非常に男前!脱帽である。

ところで…『そこまで言って委員会』が最近、全然つまらない。これで三宅の久ちゃんが抜けたらもう見る価値なし。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive