2012/04/22 (Sun) 02:47

8の倍数!!

まさにCMでやってるあれ、男は8の倍数頃に病気が出るってやつ。昨夏以来いろんな物が噴出した感じ…と何度も思ったのだが、次々と湧出する。

土曜日、卒業生のお父さんが開業なさっている整形のクリニックを訪ねた。3日ほど前から首が痛くて痛くてにっちもさっちもいかなかった。何より辛かったのは睡眠時と起床時の激痛。本当に声が出た。言っても詮が無いのだが『痛~っ!』と言ってしまう。寝るのが怖いと思ったのは初めてである。

無沙汰の挨拶もそこそこに早速診て頂いた。問診の最中に、『あ、首のヘルニアですね…』と。レントゲンで確認して間違いなしと断定…。
驚きの結果だった。私は左手の力が弱い。指の力が入りにくいのである。“え~!ギター弾けてるけどなぁ…”などと言ってるばやいではない。

弛緩剤の注射をしてもらって、同じく内服薬も…。診療後数時間で、三日間私を苦しめ続けた痛みはあっさり消えた。このお父様には以前も足を痛めて立っていることもできない時、直して頂いたことがある。その時などはテーピングで嘘のように楽に歩けたものだ。私にはまるでゴッドハンドだった。
人の苦痛を和らげる、不安を解消する、不便を改善する、そして場合によっては命を取り留める…お医者さんはやっぱり素敵なお仕事だと思う。
でも、だからこそ心あるお医者さんが一人でも多く世に出るような教育制度が要る…そういう思いも新たにした。
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive