--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/07/08 (Sun) 11:46

愛国心

野田内閣が尖閣国有化を言った途端、中国は反応する。国としても国民としても。ここがわが国との大きな差である。尖閣を買うならと都に集まった金が10億を越える一方で、レンタルパンダの赤ちゃんに浮かれている。逆ならどう出るか?おそらくパンダの赤ちゃんなど報道しないだろう。それどころかパンダは返すと言いかねない。それくらいのけんか腰は悪くないと思う。

他国に反感を抱き、その国の製品の不買運動をしたり、国旗や指導者の写真を燃やしたり…日本人はかつてそういうことをしたためしがない。決して行儀の良い行動とは言えぬが、それは国を愛するがゆえの興奮である。

何故、我々はこうも能面づらなのであろうか。
Trackback(-) comment*0 | 世間のこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。