--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/07/13 (Fri) 21:01

変わるということ

久々にハシモト君の真骨頂を見て失笑した。あれほどこき下ろした民主党を一転褒め上げた。それもきちんとやるべきことをやっているとか、決めるべきことを決めているなどとぬかす。腹に一物いや腹案があったにしてもこういうところが信用ならん。

ところで。変わると言えば、教育は変わらねばならない。
またいじめが原因で自殺者が出た。因果関係ははっきりしないんだろう。自殺の原因は多分一つではないんだろう。が、いじめが大きく関与していることは明らかである。
市長も教育委員会もなってない。そこにもってきて警察もだめだ。やっと重い腰を上げたけれど、初めの訴えをきちんととりあえげていたらこんなことにはなっていない。

担任や学校の責任はさらに重い。
こういうことが起きてしまうのは、先生の査定に原因があるのだろう。公務員ってのは、無事が命なのである。何も問題がないことが良とされる。よって受け持ちのクラスにいじめがあると先生は困るわけである。
その上位の学年主任も教頭も校長も皆こまるわけである。できればこれ以上エスカレートしないで『無事に』卒業してくれたら彼らには好都合だったのだ。が、どっこいそうは行かなかった。

いじめは大なり小なり絶対にあるという観点でスタートすべきで、それを上手に解決した先生こそ『良い先生』として評価すべきであって、逃げたおして結果生徒を死なせてしまうなど言語道断である。

息子に死なれた、息子を救ってやれなかった親御さんがどれだけ悔しかっただろう。死を選んだ少年はどれほど追い詰められ辛い日々を送っていたのだろう…何度もそれを発見する機会は絶対にあったはずで、ちょっと子どもを思いやる気持ちがあれば見過ごすことはできなかったはずだ。こんな輩に教育なんておこがましい。
憤りを越えて怒りすら覚える事件だ。

いじめをはっきりと犯罪と認定すべきである。刑法にいれるべきである。
そして、学校教職員の管理方法を根底から見直すべきである。さもないとこういう事件は決してなくならない。およそ『先生』という職種に就く人間は、余程の奉仕精神があって忍耐強く子どもに対峙できる素養がなければならない。そして何より子どもが好きな人間であるべきだ。
今回の事件の全容が掴めても恐らく事の本質は何も変わらないだろう。
あの大津市の教育委員会長の弁明がすべてである。

人を死なせた奴の人権が死んだ人間の人権より何故尊ばれるのか…いつもクビを傾げてしまう。
Trackback(-) comment*0 | 世間のこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。