--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/07/13 (Fri) 23:44

The Dark Side of The Moon

私は中3の時、ビートルズに置いてけぼりにされた。
わかっちゃいたけど、解散って!? 今日からどうすればいいの? 誰の音楽聴くよ?

徐々にビートルズに逆風が吹き、人前でビートルズ好きです!なんて言える様な雰囲気じゃなかった。
そんなへんてこりんな熱が冷めて高校生くらいかな、やっとビートルズを冷静に再評価し始めたのは。

私はだからニューロックに乗り遅れている。
遅れた私に浮き輪を放り投げてくれたのがPink Floyd だった。
おせっかい、原子心母、狂気…とビッグヒットを連発した。中でも狂気は気に入ったアルバム。ジャケットがぼろぼろになるほど聴き込んだ。

今になって元メンバーのこんな小洒落た生ギターバージョンを見つけた。
もう完全におっさんになってるんだけど、音はちゃんとPinkしてる(笑)
どちらも甲乙つけがたい。






因みにロジャーウォーターズが弾いているこのマーチン。エリックモデルである。多分、本人の物を拝借しているはず。楽器屋で同じモデルを一度試弾したことがあるが、ガツンと固いギターだった記憶がある。
歌い出しは1:14付近です(^_^;)


Trackback(-) comment*0 | 音楽夜話
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。