--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/08/23 (Thu) 00:53

宿題

塾の先生をしていて、子ども達の学校の宿題のチェックをすることがある。そのこなし方に色んなスタイルがある。総じて言えることは宿題は穴埋めに終始していることだ。
それでもまだ、ドリル演習で復習の機会にはなる。

最も無駄で無意味なのは、絵と感想文の宿題である。
これを出す先生の真意を疑う。
絵も文も目の前で直してやってなんぼである。まして親兄弟の手伝ったものなど批評して何になるんだろ。
ま、一生懸命書(描)いている子もいないではないが…。

義務教育とは国の根幹に関わる人の基礎的育成である。ここにどうして国の成り立ちや姿、その歴史を学ばせる機会がないのか不思議である。

ぶっちゃけ、英語より歴史(社会)でしょうが。
Trackback(-) comment*0 | もの申す
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。