2012/08/23 (Thu) 10:00

センカクの延長線上

日本を取り巻く諸国が領土の事で連携を組んだかのごとく動いている。こんな時に民主政権。不安が過ぎるが、自民も弱腰外交をずっとやってきたことを思うと、日本は見事にアメリカの思うがままに弱体化されたことがわかる。最早この国で軍国主義など通用するわけがない。
皮肉を言うなら、アキバで殺人が起こった時の若者たちの反応と同じことが領土侵犯されても起こるのだろうと思う。本当に大挙して尖閣に上陸しようと船団がやってきたらどうなるだろう。逮捕しようと権力が動く。わが国土であると主張する中国の立場から言えば、守るべき国民が不当に逮捕されているわけである。そこに軍事的衝突が起こってもなんら不思議ではない。そう思うと一刻でも早く何とかしなければ…そう考えるのが普通の神経であると思うのだが、政府見解は違う。尖閣は棚上げ…といつやらの主席が言ったことを真に受けている。が、相手はそうではない。

ただ、報道を見ていて感じるのは、その抗議行動を起こした集団の香具師臭さ。それを迎える歓迎の嘘っぽさである。さらに言えば、なぜ『香港の活動家』なのか…。様々な見方ができそうだ。
決して中国は自信たっぷりにやっているのではないと思われる。ただ、残念なことにニッポンはことごとく弱気対応しかできていないことである。

他方、このセンカク問題の延長戦上にはアメリカがいることも事実。東シナ海を取られることはアメリカにとってはアジアの殆どが不自由になることに等しく、力のモーメントが変形する。それはアメリカにとって不都合である。恐らく、これから徐々にアメリカは中国に向けて牽制球を投げるだろう。

私のようななんらの専門知識をも持たぬ小市民ですらこれだけ考えるのである。
詰まらぬ読書感想文の宿題などよして、子どもたちに正しい歴史を学ばせる夏季セミナーでも打ったらどうかと公教育に思う。勿論、公教育とは公立という意味ではない。『おおやけのキョウイク』という意味である。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive