--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/10/01 (Mon) 10:38

呼称

ここ何年になるだろうか。日本の企業名や役職に英文字の頭文字を使うようになったのは…。それと変なカタカナ語も目立つ。
SMBC…三井住友でいいじゃん。
三菱のUFJは…ユナイテッド・フィナンシャル・オブ・ジャパン。色々くっ付けすぎ(~_~)
CEO…最高経営責任者。早い話、社長じゃだめなん?(^^ゞ よく似たのに、COOって。もうあかん。
それと気持ち悪いのが、『フィナンシャル』と『ホールディングス』。

日本人、日本語は柔軟である。外来語を受け入れやすい特徴を持っているらしい。
が、ここは踏ん張ってもらいたい。我々は唯一の表意文字を駆使する民族。

こんなことを続けているとどこやらの国のように、漢字を捨て、表音文字だけで表記する情けない国語に成り下がりはしないか。そうすることで、深い洞察力も捨て去ってしまうことになるような気がする。
尤も、“字の書けない”最近の若者は喜ぶかもしれないが…。

Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。