--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/11/22 (Thu) 10:37

11分の不可解

慎重に言葉を選んで書かなければならない話だ。
NHKのアナウンサーが痴漢で捕まった。酒に酔い、家とは逆方向の電車に乗って、その混んでいた車中で向かい合わせの若い女性の胸を11分間触ったというのだ。前にも書いたがこの事件には色々な噂がある。

事件の被害者という立場はその直接の被害以外にも心無い誹謗中傷などがあるらしい。
それはわかっている。知っているが敢えて疑問に思うことを書く。

いくら混んでいたといっても途中で停車する電車だったようだ。どうして逃げられなかったのか?犯行が11分間に及んだというのも解せない。
また(これは報道の責任が大きいが…)、当初は前から胸を、次に出てきたのは後ろから下半身を、そしてもう一度翻ってやはり前から胸を触ったという。いくらなんでも近くに人が居てるのに、女性の下着に手を入れて周りが気が付かないというのも変だ。とにかくなんだかちょっとすっきりしない話だ。

件のアナウンサーは処分保留のまま釈放されたという。逃亡の危険がないから釈放が認められたという。

地位ある男にとって痴漢は社会的生命を絶たれる事件だ。
方向を間違えて電車に乗るほど酔い、向かいに立った女子の胸を触り、連行されるときはしっかりした足取りだったという。

改めて思う。絶対に混んでいる時は女性の近くには立つまい…と。
そして、もしも部屋で女性と二人きりになる時はドアを開けておこう…と。
クワバラ、クワバラ。
Trackback(-) comment*0 | 世間のこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。