--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/12/20 (Thu) 10:00

当惑

私は最近になってこう思うようになってきた。政治家というものは、人を心を惹きつけて、その気にさせることが仕事である…と。そういう観点で見れば、素人の私の知る限りでナンバーワン政治家は田中角栄だ。
しかし、ならば安倍晋三率いる自民党はなぜ今回これほど圧勝したのか…?
マスコミは呻る。自民支持ではない。民主不支持であると。果たしてそうだろうか。

前安倍政権の時、バッシングの嵐の中、彼は辞職した。もう完全に政治生命を絶たれたと感じた。が、地道に活動し、表舞台に復帰した。マスコミが言うほど世間が本当に安倍晋三にダメだしをしたのなら総裁復帰もなかったであろう。

自民が圧勝した。その当日からちょっとずつちょっとずつ安倍叩きが始まっている。
今、日本に何が、誰が必要なのか…マスコミはわかっていない。どういう理由からそんな立場に立つのか理解に苦しむマスコミが多い。

この3年半で日本は本当にたくさんのものを失った。民主のトリックに掛かったのである。下げ調子は突然上り調子にはならないのである。それをできると言い放ち、閉塞感に満ち満ちた国民は見事に騙された。結果はだから言わんことではない。

今、日本に必要なのは修繕である。
批判はいつでもできる。
が、まずは行政になれた党に任せ、見守るしかない。

そして、金をしこたま溜め込んだ金持ち企業からいかに金を引き出すかが鍵である。
それと、あの国と、あの国と、あ、あの国ともお付き合いをさけてちょっとずつちょっとずつ距離を置くことだ。
それにあの国と、あの国とは仲良く。あ、それから意外にも“あの国”と仲良くすると良いことがあるかもしれない(*^_^*)

私は安倍晋三という政治家が好きである。
橋下徹は頑張った。が、組む相手が悪かった。そして政治の表舞台に登場する出方が拙かった。
こう言ってはなんだが…彼には松永久秀のような危うさがある。
娘は松永が好きだそうだ。わからなくもない。が、今の日本に必要な政治家ではない。
今、日本は中央政府がしっかりしないとダメである。こんな時に地方を強くしたら、室町と同じことになる。
勿論、そんな事になってしまったのはこの3年半のせいである。

事は急を要す。
安倍でダメなら、もう次はない。
マスコミが騒いでいる以上に事は深刻である。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。