--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/12/26 (Wed) 10:00

NHK大河ドラマ「平清盛」に思う

ここ何年もNHKの、いわゆる大河ドラマには失望していた。
ま、今回も決して褒められたものではなかった。

清盛に縁の深い兵庫県の知事がまず文句をつけた。
今回、放送終了に当たってまた苦言を呈したという。

が、ここでちょっと思うことがある。
それは、見る側の「力量」が不足してはいないのか…ということだ。

そもそも、NHKは硬いとか面白くないと感じる人は少ないないはずである。
そのNHKが作った歴史ドラマが“単純に面白く”てはだめであろう。

私も全部ではないがかなり見た。
あまりすきっとした映像でないことは同感である。
だが時代を考えれば、あまりきれいすぎても嘘っぽいであろう。
それといつも通り、配役が少々人気取りに奔っている気がする。
まずは、主人公の配役ありき…という感がする。

大河ドラマは小難しくてもよい。
ただ、なぜその主人公なのか…その周辺を解説する番組を作って流せばいい。
番宣ではなく、暦とした番組である。

あくまでもドラマなのだが、そこは国営放送である。
あの「新撰組!」や「龍馬」のような薄っぺらい歴史ものはいくら小説とはいえ、教育上よろしくない。

視聴率などNHKは気にせずともよい。
知事がなんと言おうが、どっしりとした大河ドラマを作ればよいのである。
ただし、きちんとした歴史観を持って…。

兵庫県知事の発言は思い上がりからきた一種の「内政干渉」である。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。