2013/01/31 (Thu) 10:30

出願

30日、娘の願書を提出した。提出といっても郵送だが…。

2校同時に出願した。中身を何度も何度も見返した。
そして封をし、窓口に提出した。

なんとも言えない緊張感が支配した。

雑用を済ませ、帰宅した。
ご本尊はお気楽に戦国無双に興じていた。

それってどーなんだろ。。。
Trackback(-) comment*2 | 自分のこと
comment
hogoshaed #-
親のほうがナーバスで、ドキドキするもんなんでしょうね(^^;
そういうのも含めて、受験って、(もちろん当事者のものなんですが)親にとっても、大事な節目なんだなぁって思います。
だからこそ、親もそれを機に成長できるんだし・・・。

年をとると、年月のたつのが速い!って言いますが、色んなできごとに一つ一つ重みを感じるものだと思います。

息子に、「(エントリーシートを書いていて)これってなんかおかしいよなぁ」って相談されて?息子よりも熱くなってムキになってしまってる母です(^^;

大事なことは、色んなこと(入試とか就職とか)を通じて、親子間でコミュニケーションとったり、お互いを尊重したりする、そういうことなんじゃないかなぁって思います。

娘さん、あと少し・・ 体調万全に頑張られますように!
2013/01/31(木) 19:19:05 | URL | edit
元kuma^_^; #-
一応、これでも
受験のプロなんですけどねぇ・・・(^^ゞ
まさに紺屋の白袴そのもです。
まして、長男で一度経験しているのに、どうしたことか。。。
一つには、二人家族になったから…というのはあるかもしれません。
そして、塾にも予備校にも通っていない。手作り受験といえるかもしれません。これで貫徹できればこんな幸せなことはありません。

受験が「無事」に終わったら私には二つするべきことがあります。
無事に終わらなければそれは無用なことになります。
2013/01/31(木) 23:32:03 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive