2013/02/10 (Sun) 10:10

悲惨

こんなニュースを見た。
96歳のおじいさんが91歳の奥さんの介護に疲れ果て、殺害したという。
自身もかなり体力的にしんどかったらしい。そこへ介護。
何の希望もない。ただただ疲れ果て、絶望感に苛まれ、そして長く連れ添った妻へのある種の思いやりもあって殺害したようだ。自分がもし先に死んだら奥さんが困るだろうから…という。

日本は超高齢社会となった。このニュースは他人事ではないし、単なる自己都合の犯行でもない。
96歳のおじいちゃんが91歳のおばあちゃんを、10年の介護の果てに殺してしまったのである。
なんと痛ましく哀しいニュースだろうか。

このおじいちゃんを我々の社会はどう裁けばよいのだろうか。
Trackback(-) comment*0 | 世間のこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive