2013/04/15 (Mon) 10:10

新学期

新しい学年が始まった。
世間の大学受験に比べたら、娘の受験は大変楽であったというべきだろう。
やはり、2年の夏に方針を固めて正解だったと言える。

先日、テレビで西成高校の先生の奮戦記を見て、ぐっときた。
先生は忙しそうだったがそんな語彙は彼にはないかのように子供達の就職のために奔走していた。
羨ましい。そしてこれこそが教育の原点であることを思い出した。
私もそれなりに生徒のためにやってきた自負がある。
が、この若い先生の貢献度に比べたら何もできていないに等しい。
社会に出るために教育があるのではない。
社会に出た時に社会に役立つために教育が要るのである。
その事、はっきりと念頭に置けば、大きくずれた教育にはならない。

安倍総理と枝野氏のやりとりを見ていて寒々とした気持ちになった。

ところで、やはりシンボーはダメだ。カトーはなかなかだ。
Trackback(-) comment*0 | 子どものこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive