--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2013/05/06 (Mon) 10:00

ナガシマさん

5月5日こどもの日。
松井秀喜と我らが長嶋が国民栄誉賞を授与された。今まで、スポーツ関連の受賞は『記録』が鍵を握っていたが、今回はそうではない。国民に多くの夢と希望を与えたという趣旨だ。この二人に関して文句のある奴はいないだろう。

夜、録画してあった表彰式の模様をゆっくりと見た。
nagashima3.jpg

なんと二人はおそろいの出で立ち。同じスーツ、シャツ、ネクタイ…。松井が頼んでミスターが発注したという。ダンディーなミスターらしいスーツだった。
脳梗塞で倒れ、やや麻痺の残る体になったようだが、なんとスーツの似合うことか。もしかしたらまだ筋トレをしているのではないか?と思ったくらいである。

私の兄貴は狂信的な虎ファンだった。よく彼の『解説』を聞きながら野球を見た。
その虎好きの彼がナガシマにだけは『さん』をつけていた。勿論あったことなどない。一度甲子園で背中に触れたことがあるよいうのが兄の自慢だった。
その兄はいつもナガシマのプレーは美しいと呟いていた。なんと絵になる男か…と。
全く同感である。
私は子どもの頃ナガシマの居る巨人が好きだったが、実は村山や江夏も大好きだった。
あの頃のタイガースこそ猛虎であった。巨人に襲い掛かるという形容詞がぴたり当てはまった。

最近、こういうワクワクした対戦を見られなくなった。
良い選手がどんどん出てくる。でもみんなあっちへ行って、ボロボロになって帰ってくる。
アメリカってそんなにいいとこなんだ…。
日本のプロ野球ってそんなにだめなのか。。。

セレモニーを見ながらどうか長嶋さん、いつまでも、一日でも長くお元気で居てくださいと痛切に思った。
彼は、日本の宝である。
nagashima1.jpg

蛇足を一つ書いておくと…安倍さんが総理のときでとてもようござんした(^_^;)
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。