2013/05/07 (Tue) 11:05

三文以上の得!!(^^)!

よく晴れて暖かかったので朝から用事を済ませに出た。
ふと見ると、歩道のガードレールに男の人が大型犬を繋ごうとしていた。
おぅ!ベルギーシェパードではないか!

ベルギーシェパードですよね!と男の人に声を掛けて初めて気づいた。彼は外人である。明らかに欧州系の。
アァ、ドーゾ!

体躯のがっちりしたオスの9歳。手入れが行き届いている。
触る寸前、彼はこう言って安心させてくれた。ドーゾ、コノコハ カミマセン。
うん、そうそう。わかってる。こんな賢い犬が無闇に人を噛むわけがない。

完成されたシェパードは本当に賢い犬だ。きちんと躾ければちゃんと家庭犬として飼える。
それがあほうなペットショップの店員なんかにはわからず、この犬はお勧めできません。訓練も高いし、素人さんにはむずかしいです。などとぬかしやがる。
ま、どうでもいい。

数分間、その綺麗な毛並みをなでつけたり、顔をさすったり、お座りをしてもらったり…とてもききわけのいい子で実に飼い主に忠実なというか、お互いが通じ合っている感じがあって羨ましかった。
名残惜しかったが、お礼を言って立ち去った。何度も何度も振り返りながら…。

実はしばらく犬がいやで可愛いと思っても触らなかった。
が、今日はとても素直に犬に近寄れた。
やはり根本は犬好きの自分を再確認した。
ただし、大型犬に限る…が。

こんな感じの犬である。実に格好いいでしょ?!
Belgian Shepheed
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive