--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2013/06/28 (Fri) 10:00

覚悟

子を持つのは大体二十代から三十代である。
今の世代は精神年齢が低いと言われる。その談で言えば、子を育てる覚悟を持って親になる人は極めて稀と言ってよいかもしれない。子を持つ覚悟と言えば、まず経済力が浮かぶが、実はこれは少々なくても今の日本ならばどうにでもなる。どうにもならんのは寧ろ親の性根である。
ここに基礎固めができていないと子は大変な迷惑を被り、ひいてはそういう偏った育てられ方を『フツー』と疑いもせず大人になって社会に出てゆく。

日本は豊かになればなるほど社会は弱者に冷たく、遠慮なく自分勝手な人間が増えた。キャリーバッグに躓いているうちはまだ舌打ち程度で済むが、階段の上からスマホを握ったいい大人が落ちてきたら洒落にもならない。しかし、もっと怖いのは難渋を乗り越えられない大人である。さらに怖がってみれば…そういう『オトナ』が『オヤ』になる。ぞっとする。

世間を敵に回しても信じきれる…そういう人物がなかなか居ない。人間は無用の物を持ちすぎている。何を肩から下ろせば、ヒト本来のいい所が見えてくるのだろうか。できることならそういう事をきちんと子どもに伝えてあげたい。

塾を閉めてから、悲しい事がいくつかあった。傲慢な考えかもしれないが、もしそこに居てドアを開けたらいつでも会いに来られる自分がいたら、どうにかなったのではないか…などとつい思ってしまう。
いやいや、やっぱりゴーマンだな、これは…。

かく言う私も覚悟は未だ熟さずじまいである。
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。