--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2014/05/07 (Wed) 00:32

勇気

個別指導という形態を前面に押し出した塾が台頭してもう何年になるだろうか。
今では、いわゆる大手塾と呼ばれる塾でも必ず個別部門を儲けて設けている(^_-)

私はいま、個別塾に非常勤で籍を置かせてもらっている。
どんなベテランでも自分の姿勢矯正は難しい。
そこで、外の空気を吸ってきた私に改善策が任された。
これは非常に難しい任である。
実に色々な事を視野に入れてバランス良く改善しなければいけない。
なかなか面倒なのでつい乱暴な発想になってしまうこともある。

が、オーナーの意図を汲みつつも改善急務の部分をまとめ上げ発表にこぎ着けた。
煎じ詰めれば、結局丸抱えで預けてちょうだい…であった。

二人足して110歳。
これくらい言えなければ経験が泣く。

そして、もう一つ。
真の意味での受験サポートである。
私は気が付いた。
もはや十把一絡げに“子ども”と称してはいけない時代になっている。
その因の大半はやはり“母親”が握っている。
これを子育てもしらない三十路前後にやれるわけはない。

“うちら”が力を発揮できるとしたらその畑しかない。
そう腑に落ちた。

あとは勇気。
言い放つ勇気。
他と違う選択をする勇気。

その勇気さえあれば、“その後”は揚々としている。
その選択ができれば犠牲を払うことなく子どもが育つ。

なかなかに、難しい。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。