--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2014/11/09 (Sun) 01:11

怒ると叱る

仕事で対峙した子どもを怒ってはいけない。
叱らなければだめだ。この区別がなかなかに難しい。

この違いを体得すれば無駄に『怒らなくても』よくなる。しかし、難しい。

子どもを感情で怒って良いのは母親だけである。
なぜなら命をかけてこの世におとしてくれたのだからそれくらいの特権はよしとすべしであろう。
が、他方で母親ならしつけるだけで教えることからは引いていただきたい。

この二者を混同する、或いは区別できないがために今があると思う。

色々な学問が発展する中で、子どもを育てるという分野がどうもいけないように思う。
歳と共にその思いが強い。

余談だが。。
他の事なら大らかに見守られるのに、なぜ勉強となると話が違ってくるのかわからない。
勉強が出来ないからといって全人格が否定されるわけではないのに。。。

辛いことである。
Trackback(-) comment*0 | 子どものこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。