--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/07/26 (Sun) 04:10

逆パワハラ

権威や権力を笠に着て、嫌がらせをすることをパワーハラスメントという。
が、現実には…というかワタクシの教育現場では逆パワハラが横行している。

なんとなれば…。
子どもにものを教えていると、どうしても直した方が良い生活習慣などやものの考え方などが目に付いてしまう。
そこを直さなきゃ勉強は伸びないと思う。
が、それを言った瞬間、その講師は“切られる”ことが多い。

顧客はそんなところの指導は不要だ。
ただ、通してくれればそれでいいと思っている。

我々の業界は、そろそろこの辺りを真摯に受け止め改善しなければならない。
例えば、塾の集団授業を休んだらその分の授業料はパアである。
が、個別や家庭教師はメールとか電話とかSNSのメッセージ1本で当日キャンセルなど当たり前である。
これを請求できる人はあるいは教室はかなる強気である。ほぼ取らない。

ここら辺りに問題点が巣くっている。
厄介なことに顧客は将来のリーダー達である。

どうすれば良いんでしょうね。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。