--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2018/02/13 (Tue) 10:30

スピードスケート

中学の頃、阪神電車の淀川近くにあったラサスケートリンクというところによく行っていた。
梅田にもあったのだが小さいし、家からは不便だったが友達の強い勧めでここに通ったものだ。
その友達は転校生で陸上部で友達になった。すばしっこくて、足の強い子だった。
僕はスケートしてから足が強いんかもしれん。
いっぺん一緒に行こうか?と誘ってくれた。
それまでも何度も行っていたが、彼は私の滑り方を見て、こう言った。
らいちゃん(私のニックネーム)、ホッケーの靴に変えてみたら?
で、貸し靴のところに戻って交換してもらった。
わっ!前に進まない!
なんで?
友達の顔を見た。ニコニコしている。
らいちゃん、後ろに蹴ってもギザギザないから進まへんで。
あ!そうか。。。
横に蹴ってみた。
おー!!

ホッケーの靴は動きやすいようにできている。
今までなんだったのと思いながら楽しく滑った。
私はエッジを使えてなかったのだ。

また後日、彼は『ハーフ履いてみようか?』と言った。
自分のフィギュアの靴もハーフに変えた。
これはスピード用のとは違ってだいぶ短い。
が、くるぶしのところまでしかなく、何より刃が薄い!
リンクに入った。
立てなかった。。。

昨日、スピードスケート女子の1500mを見た。
よくもあんなに綺麗に滑れるものだ。
昔の感覚が少しだけ蘇って、小平選手の凄さが少しだけわかった。
なんと美しいスケーティングなのか!
そして、そのスピード!
すごい、すごい!
立派な銀メダルだ!
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。