FC2ブログ

再会

少し前、元クマ塾生、T先生、そして私の三人で集まった。
T先生とFBでやり取りをしていて、
何かもう一度やりたいですね。
何します?
うん、やっぱり塾かな?
じゃ、やりましょうよ!
って流れになり、集まったのだ。

いや、現実はそんなに甘くない。
が、これを生業としようとは思わず、大げさに言えば社会貢献という旗印でやればできるんじゃないか?
T先生も私も年配者になった。
なった今こそできるのではないか…ということになったのだ。

それでとりあえずダメ元でFBで叫んでみた。
伊達や酔狂で力を貸してやろうって人がいたらお願いします!と。

社会貢献と言ったが、少々大袈裟なようで実はそうでもないリアリティもある。
今の子ども達はこのまま放っておけばどうなるのかという憂いが『我々』にはある。
長年サポート校で様々な子どもを支援してきたT先生、それには到底及ばぬが中学受験という矮小なフィールドで、でもそれでも子ども達の周辺に『異変』を痛感してきた私。
そして私達の空気をいっぱい吸い込んでおとなになった元塾生。
うん、なかなかのメンバーだ。

あとは…。
『場』と『空気』と『運』かな。
軽薄に聴こえるかもしれないが事実はそんなとこにある。

世間でいう受験指導はしない。
どうやれば伸びるのか。
どんな心持ちで道を探し、見つけるのか。
見つけてどうするのか。
折々の局面で背中を押してあげたい。

いわゆる『塾』の本当の姿ではないかと思っている。

なるか、ならんか。。。やってみなしゃーないわけである。

0コメント

コメント投稿