FC2ブログ
--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2006/11/29 (Wed) 14:27

手ぬるいっ!

さすがに政府も緊急事態とみてか、再生委員会緊急提言だ。
※「出席停止」見送り 教育再生会議、いじめ問題緊急提言
しかし。手ぬるい。強制力を持たせなければ、結局児童相談所と同じではないか。
児童相談所が家に入り込めなくて、一体何人の死ななくてもいい子どもが死んだことか。
生け贄とは言わぬが、一体何人の犠牲が出れば本腰を上げてくれるのか?

日本という社会はほんとに加害者に手厚い。
この会議でも、加害者側にペナルティーを…という意見に対して
『教育には愛情も大切』と慎重論を採ったそうだ。
こういう、ずれた事なかれ委員が居るようでは非常態勢は採れない。
ま、メンバーをみれば話題性を重視した人選であるとは思っていたが…。

酔っぱらい天国。飲酒運転事故。NHK受信料未払い。給食費未払い。いじめ。
まともな側の利益どころかその基本的権利が間違っている方の勢いに押されている。
これでも法治国家か。
放置国家ではないか。

相変わらず民意がまるで反映されていない。
ぼんぼんが政治家になるからダメなんだ。
Trackback(-) comment*2 | 分けられぬこと
comment
オバまま #ZvTaJqYI
手ぬるすぎです
子供の通ってる学校で
中一の時、クラスメートからひどくいじめられたA君がいました。
いじめた子はM君としておきます。
そのM君は私の子もいじめました。
いやそれ以外にも色々な子をいじめました。
A君はそれが原因で学校に行けなくなり
行っても保健室までが限界になりました。

高校生になり皆の励ましもあり、時々は教室にも来れるようになったものの
今でも欠席がちでしかも保健室登校は相変わらずでした。
先日学校側から出席日数の不足で留年になるかもと言われたそうです。
他の子供たちや中学の時の担任などがかけ合って何とか留年は免れそうですが
何故いじめられた子がこんなに苦労してるのに
いじめた側のM君はのうのうと高校生生活を楽しんでいられるのでしょうか?
ものすごく矛盾を感じています。

子供の通う学校は伝統のある学校です。
     (貴塾にも近いです)
しかし懲罰に関してはかなり生ぬるいように思われます。
校長が変わって期待したのですがPTAの前で意気込みは話されましたが
なんら変わるどころかどちらかと言えば悪くなってきています。
そして今、飲酒を何度かしたお子さんは生活指導部預けでいまだに停学にすらなりません。
授業妨害をしたり、人のものを盗んだりしてもいつも生指あずけ・・で終わりです。
何故いけないことはいけない!!
卑怯な事はしてはならないと、毅然とした態度で教えられないのか?
せっかく私学に行かせたのに・・・と悲しくなります。

いじめた子の「出席停止」は、
強制力を持った上で実行されることを強くのぞみます。
2006/11/29(水) 14:52:38 | URL | edit
kuma #-
私学の中にも
公立化しているところがありますね。
もちろん、“公立化"というのはよくない状態を表す定冠詞ですが。
私学も公立もないのですね。
子どもの周辺がどうやら私達昭和に育った人間からは考えられないほどに悪化しているのでしょう。

勧善懲悪と長幼の制。
少なくとも私はこの2点は教え込んでおくべきだと思っています。
『自主性を重んじる』とか『個人を尊重する』という言葉があります。
教育現場では、どうやらこの言葉の解釈を間違ってここまできたようです。

だめなものはだめなんです。
ルールは絶対に遵守です。

少年法にしても刑法犯にしても加害者の利益ばかり尊重する。
人を殺した奴になんで未来があるのか?到底理解できないです。
私なら子どもを殺されたら間違いなく復習に向かいますね。
刑罰というものの本質はそういうことです。
被害者の家族の代わりにお上が敵を取ってくれる…。

給食費不払いなんていう言葉も解せません。
給食費未納者です。
そんな奴に限って子どもはケータイ持ってる。
本当に苦しくて払えないんじゃない。

自殺やいじめや虐待に関しては、もしも政府がかむんなら、
縦割りの指示命令系統が一本化された、そうアメリカのFema(でしたっけ?)のような組織が必要です。

児童相談所も教育委員会も教育再生委員も要りません。
強制力です。
ヤンキー先生くらいだ、まともなこと言ってるのは。
2006/11/29(水) 15:37:19 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。