--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2007/03/11 (Sun) 03:22

付け文

暗記が下手な子が増えた。
暗記を得意にする人間からしたら、不思議でならない。

社会なんてその最たるもの。
テキストに載っていること、それも太字や下線の語句を覚えればそれで済むことだ。

土曜の授業で試してみた。
ある時代のことがテキストで5ページくらいにまたがっていた。それを5回読んで、簡単な問題に答えるのだ。
全部で30問弱。よく覚えた子が22問。少ない子で4問。

これはこのまま国語の成績の差に等しい。


嘆くだけでは埒があかない。

電子ブックはどうだろうか?
或いはラジオはどうだろうか。

よく考えてみたら、私はラジオをよく聞いたものだ。
FMで音楽を聴くのはさほど好かなかったが、パーソナリティーの遣り取りなどを聞くのは好きだった。

そして、ラジオドラマも面白かった。
画像がない分、色んな想像をかき立てられたものだ。

私は心配している。
こんなに読解力がないようじゃ、この先日本の若者は恋もできなくなるんじゃないかと。

メールは流行っているが、文字だか絵だかわからんような妙な文章。あれではどうしようもない。

昔聞いた話。
ある人が女学生の頃、付け文をされた。
相手は土木作業員。怖かったがその一生懸命さに免じて受け取ったという。
しかし、開封してびっくり!間違いだらけの恋文だった。
そこでその女学生は“朱”を入れた。

翌朝、“返事”を待っていた彼は、朱が入って真っ赤になった恋文を突っ返されたそうだ。

そんなことにならぬよう、若者よ、恋文を書け!
Trackback(-) comment*3 | 分けられぬこと
comment
イシカヨ #-
問題は相手(笑)
最近の子は、って私も最近の子ですが!、文章を書く機会が少ない。というより本を読まない。文章力に必要なのは、まず文章に触れるコトだと信じてるのですが。文章を書くときに必要な表現力って読書で養われるのではないでしょうか??だってイイ表現なんて、何も言葉の入っていない脳味噌ひねっても出てきませんから。まずは模倣でもイイから書く!そうしてる内に自分独自の言い回しというか表現も出来上がるのに。
先日知り合いのお母さんからこんな話を聞きました。小5と幼稚園年中の2人の娘さんがいらっしゃるのですが、お姉ちゃんの方は年中の頃には見よう見まねでも平仮名を書いていたのに、妹の方は読むことすら儘ならず。原因は…アニメ。
2007/03/15(木) 18:57:23 | URL | edit
イシカヨ #-
怖いなぁ。。。
外国の言葉を覚えるにはその国の恋人を作るのが1番☆恋文なんか文章上達には1番早いのでは?!。。。書く相手がいれば(笑)

ややこしいコメントの仕方でゴメンナサイ。
2007/03/15(木) 19:04:05 | URL | edit
kuma #-
いえいえ
昔からいろんな哲学者?が恋について語っています。
ちょっとピリ辛で一番気に入っているのが、“恋とは大いなる勘違い”という言葉。
それはさておき、若い頃にいろんな刺激を受けて言葉を繰っておくと後々役に立ちます。経験者が語っています。

アニメもゲームも、いけないと思います。
ついでに“飽食”もいけない。
2007/03/16(金) 04:32:40 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。