2007/03/16 (Fri) 12:04

二の舞

あらあらという感が否めない。
関西大学は高校野球で有名な北陽高校を系列校とするらしい。
※センバツ出場の北陽高、関大の併設校に 学校法人が合併
私立大学が高校を飲み込んでゆく傾向はずっと続いていた。
立命館などはそれを非常に上手く利用し、共々にレベルを上げてきた。今や昔の立命館の姿は様変わりした。

関関同立の括りが崩れたと言われて久しい。
その危機感から、各大学とも色々な手を打ってきた。
その中で関大だけが比較的、のんびりとした感があった。

この合併が今後どう影響してゆくのか。。。
スポーツに力を入れるのか?と私などは直感してしまったのだが…。

大学とはなんだろうか?
4年生の大学に通う学生は3回生も修了せぬ間に就職活動である。軽薄な世情を繁栄してか、就職活動のことを『就活』などと呼ぶ。部活じゃあるまいに。
産学連携も結構なことなんだが、結果青田刈り、青田買いの温床になる可能性が大だ。

要領がいい子が勝つ受験。要領がいい学生が成功する就活。
そんなのは選抜する側の意識で幾らでも替わる。
日本の世の中、形骸化のあらしではないか?
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive