--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2007/03/31 (Sat) 22:00

不可思議也。お受験。

私は中学受験屋であるが、小学校受験というものがわからない。
ぶっちゃけ、お受験には言いたいことがヤマほどあるが、
同じ"界"に身を置く者のエチケットとしてそれはいかんだろうと自粛してはいる。

ただ、以前からずっと不思議に思っていることがある。それは"兄弟関係"に関するものだ。
私に近い人の証言に因れば、教育大附属小に通う子の弟妹はみな附属小である。
私立の帝塚山や、近小はそうではない。
私学こそ、兄弟関係は優遇かと思いきや、実は逆である。
これ、場合によっては辛いことになる。

ここで、ある疑問が浮かぶ。
附属には入試の最終段階で“抽選”という難関がある。
その様子は先日書いた。

どの子にも一切の情実が働いていないですよ!ということを知らしめるためだけに抽選をして
いると私は理解している。

ところが、だ。
附属の子の弟妹で不合格になったという話を私は知らない。

これは一体どういうことなんだろうか?
附属に入るおうちは運のいい"ご一家"なんであろうか?

とても不思議である。
Trackback(-) comment*2 | 分けられぬこと
comment
オバまま #ZvTaJqYI
そんなこともないですよ。
私の知ってるだけでも何人もの方が兄弟姉妹で合否が分かれてました。
中には3人兄弟で1人だけ合格と言うご家庭も。
試験で落ちられることもあるし、抽選落ちの方もありますよ。


2007/04/01(日) 20:04:52 | URL | edit
kuma #-
じゃ、私の誤解だったわけですね。。。
下の子が受かるかどうかは、上次第っていうのは
“うわさ”だったわけですね。
取り敢えず、私が知っている範囲では居なかったものですから。
貴重な証言ありがとうございました。
2007/04/01(日) 23:01:55 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。