2007/04/14 (Sat) 02:55

置き勉のすすめ

自習室でできるだけ宿題をさせたくない。

宿題は家で授業直後にする。

次の日、その中で質問があれば持ってくる。

なくても自習に行く。

何をするか?

詰まらんことを訊くではない。

自習である。

自ら学ぶのである。

自分で考えるべしである。
ここに私の大きな反省がある。

少々親切が過ぎた、と。

自分で工夫せよと言いつつ、実は示唆していた。

これではいけない。

しかし、じゃ放っておいてどーなる?

多分、どーにもならない。

ふーっ。

勉強は頭を良くするためにするもんである。

その勉強を“頭を使わずに”したって

頭がよくなるはずがない。

“行きたい”なら“やるべし”

他に特効薬などない。

だから、置き勉を勧めた。

例えば、模試に備えたい、とする。

模試の案内に出題範囲が載っている。

クマ塾には模試の過去問がヤマほどある。

君ならどうする?

勧められた問題集をご丁寧に頭からやる?


勉強って、まずは出来ないことを減らすことだ。

見ていたテキストを閉じて、そのことを訊かれたら

ハイハイと答えられるってことだ。

学校から毎日間違わずに家に帰り着くことができたら

受験など合格できる。


君は何を置き勉しますか?

私の理想はどうやら大手塾なんかじゃなくて

トモエ学園のようである。

特に中・高部はそう願いたい。
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive