--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2007/06/13 (Wed) 02:23

朝読

最近、私はなるべくTVを見ないようにしている。
ニュースだけは…という気持ちもないではないが、
どうせ大したニュースもない。
知りたければ、ネットを繋げばいい。

朝、起きて、まずコップ一杯の冷たい浄水を飲む。
ごくんごくんと一気に飲む。
そして“おかわり”の一杯を入れて、椅子に座る。

何もせずに本を広げる。
ぼわんとしたまなこに活字が飛び込んでくる。

仕事柄、朝の喧噪というものをやり過ごさなくていい。
こんな有り難い“朝”を過ごさせて頂いている。
段々、体が温まってくる。
昔の人はきっとこんな生活だったのだろう。

私達は文明の利器に囲まれている。
最早その恩恵なしには生きられない。
でもだからこそ、私のようなアホウは抵抗している。

決して、懐古主義ではない。
遡行である。

私達はTVを初めて見たとき、拍手をした。
白黒の画面の中でアトムが飛んだのである!

まだ戦後の匂いが微かに臭った昭和30年。
最早戦後ではないと誰かが言ったそうだが、
私はこんな世代に根っこを持つ自分を通して見たものや
感じたこと、今に思うことを子どもにぶつけておきたい。

ただ、昔はよかったんだぞー!ではないのである。
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。