--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2007/07/01 (Sun) 03:41

推薦図書

6年生の社会の時間。
もう歴史は、いや、やっとこさ歴史は1回通した。
終わったなどとは言えない。
するっと見た程度である。

近代・現代まで済ませて、次は憲法・三権である。
おーなるほど!と感じてほしいところ。

正に、日本国憲法などは昭和天皇の署名や“はんこ”の話までしてある。
もう、こんなに面白い塾での社会はないと思い上がって居るんだが
受ける生徒諸君にしたら、外国語で外国史をやっているような顔付き。

それでも懲りずによくぞここまでと自己満足した。
ま、いいやん!ってことで。


社会とはほぼ無関係なのだが、司馬遼太郎さんの風塵抄に
彼らに読ませたい一編があったので、紹介した。
“受験の世”がそれである。

私達はこの文章の前で赤面しなくてはいけない。

でも、あまり追いつめてもいけないので、
いくつかの挿話のあと、
“そうは言っても、司馬さんはね、上宮中・高を出て、大阪外国大学モンゴル語学科卒業なんだけどね…”と一応笑いは取った。

勿論、彼らにその笑いの深層はわかるはずもないのだが
上宮と大阪外大に取り敢えず反応したのかな?

お暇なら、是非読んで頂きたい随筆である。
下巻の終盤などは司馬ファンにとっては、
万感胸に迫るものがある。

もう少し長生きしていただきたかった。
Trackback(-) comment*2 | 分けられぬこと
comment
sam #-
司馬さんの文章はほんとに読みやすいというかわかりやすいですね。
私たち素人の語彙力では到底表現できないものをいとも簡単に言葉にされる。
相手がイメージしやすいような表現をするというのは本当はとっても難しいことなんですよね。

余談になりますが。。。
私の友人にパイナップル嫌いがおりまして。
曰く、“パイナップルを食べたら口の中が糸で引っ張られたようになる”と。
これってすごいわかりやすいでしょ(笑)

2007/07/02(月) 02:56:50 | URL | edit
kuma #-
こんばんは
お久しぶりのコメント、有り難く頂戴いたします。

司馬さんのすごいと感心するのは、文体は一通りじゃないということです。
それに、あ、この主人公のこと好きでしょ!?ってわかってしまうところも、とても好きだなぁ。。。

パイナップル。
はいはい、糸引いたような感じがしますねー。
種類は違いますが、カルピスも独特の後口ですよ。
ただし、濃縮カルピスの話です。
カルピスウォーターではしません。
2007/07/02(月) 03:25:20 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。