2007/07/15 (Sun) 02:28

既の所

自分で言うのも何だが、私は危機回避能力が高い。
これは過信しすぎて、落とし穴にはまってもいけないのだが、
しかし、誰にだって、大なり小なり二つに一つ!って時はあるはず。

そんな時、“あー、前もこれで最悪の事態になったからなぇ…”と
クジを引く前からビビってしまたのでは、ろくな事にはならない。

今、台風が接近中だ。
そう言えば、去年の合宿。
直前に3つの台風が近畿地方に近付いていた。

たった4泊5日の期間。
子ども達は一年楽しみに待ってくれていた。
特に6年は受験学年ということもあって、思いが入っている。
祈るような気持ちだったが、どうやら期間のうち
半分は悪天候だろうと腹を括らざるを得なかった。

ところが、往路の車中で乗り合わせたおじさんが、
“あんたら、どこ行くの? あー、琵琶湖…。さっきのニュースで台風は逸れたって言うてたよ。よかったな”と言うではないか。

大袈裟に言うと正しく奇跡的だった。
一歩間違えば、3つの台風が相次いでやってきて、合宿どころではなかったかもしれない。


今年は梅雨明けが遅いらしい。
こういう年は太平洋高気圧の元気がイマイチらしい。
また台風の発生数も少ないらしい。
一見良いように思うが、実はそういう時は来たらデカイという。

“数が少なくて、来たらデカくて、被害が大きい”
難儀なやつである。

取り敢えず、四国の水不足の危機があっという間に解消したというから、それだけは朗報だった。

夜中に台風が来て、家の外に何か気に掛かることがあっても
絶対外に出てはいけない。
特に単独での行動は避けるべきだと、ニュースを見ていてわかった。


大阪、京都は今がお祭りのシーズン。
でも、今年の気候は、どこか違和感を覚える。
暦と体の感覚が少しずれている気がしてならない。
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive