--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2007/07/19 (Thu) 03:54

reptile

reptileとは、ハ虫類のことである。
異義に、“油断ならぬいやな奴”というのもある。
クラプトンのアルバムに同名のものがあるが、そこには“どうしようもなく好きな奴”という意味に使っているとある。

ハ虫類。
なんであんなものが存在するのか、意味がわからない。
特に足がない蛇にいたっては、字を書くのも嫌である。
足がないのである。それにあのにゅるにゅるの感じ。
ぐぉ~~~。くわばらくわばら。

さて。
珍事件があった。
拙宅にはヤモリがいる。
家守というくらいだから悪くはないのだろうが、
私は御免被りたい。

日曜、ひょんなことから家の中にヤモ君が入り込んでしまった。
あっという間の出来事。
それこそ家捜ししたが、行方知れず。

出てこない。

でも、絶対に隠れているはず。

深夜一人でブログなんか書いていたら

そっと、そっと壁に張り付いているんだ、きっと。

音も立てずに。そーっと。

そのくせ、いざという時は速い。

落ち着いて椅子に座っているが、気持ちの中では

リボルバーでもヤミ市で買いたいくらいである(;´д`)


今日、やっと愚息が捕まえて

自然界にお帰りになったそうだ。

どうか、どうか、

“あのヤモリ君”でありますように。

決して“別ヤモリ君”や“真ヤモリ君”なんかではありませんように。
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。