--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2007/08/18 (Sat) 02:32

どすこい!

ガイジン横綱の横暴にいい大人が右往左往している。
いい年こいて、さんざんお金儲けをさせてもらった恩義も忘れ、国に帰りた~いだと。帰れよ、見苦しいから。

相撲界の不適切な常識については、書きたいがいっぱいあるが、
大人だから堪忍してあげる(笑)

最初は、この横綱をこき下ろした。サッカーのヒデまで引っ張り込んでの大騒動だ。
でも、結局本人に罪の意識や人としての義務や責任感といったものがないわけのだから、詫びの言葉など出てくるはずもない。

ある日“親方が甘いからだ”と報道が変質してきた。
おいおい…。
それを言うならなんでも“ごっつぁんです!”で済ませてきた、相撲界全体に責めがあるのではないか?!
男を売る稼業が責任の擦り付け合いだ。実に見苦しい。

行司のあの刀は何のためにあるんだ?
指し違えたら、腹切ってお詫びしますというポーズだろ。
その名残の刀借りて、責任取ったらどうだ。
そんな体たらくだから、“男※”なんて言われるわけだ。

スポーツじゃなくて興業なんだから、日本国内居住者に限るとか、
日本国籍を有する者限定とか、何かそういう縛りでもって入門資格とすればどうだろうか。

ともかくも。。。
一から出直せ、お相撲さん。
もの凄く、見苦しいぞ。
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。