--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2007/08/28 (Tue) 02:39

(多分)復活

日曜日。
油を極力使わないナポリタンを恐る恐る食べた。大丈夫だった。

こういう風に何か一点集中で食い物が欲しくなったり、
変にモノに拘ったりする時、私には変調が訪れる。
大概は御免被りたいものばかりであるが…。

盲腸を切った時、夏だったのが、高校の帰りに友達にこう言った。
“ぜんざいが食いたい!”と。
探し回ったが帰り道には見当たらず、しぶしぶ帰った。
その深夜、のたうち回るほどの激痛に見舞われた。

たばこを吸っていた頃、無性に他のたばこが欲しくなることがあった。
そういう時は数日のうちに必ず風邪を発症したものだ。

ただ今回のナポリタンは“事後”だった。
兆しはカバン替え。替えたくなって別の出した。
だが特に理由がなく、自分のジンクスを思い出し、そしてやめた。

私にはそういう予知の暗示が若い頃頻繁にあったことを今思い出した。
人間はこういう能力?をみな持っているらしい。が、麻痺しているのだ。文明社会では要らぬからだ。

ただ、私は喫煙によって麻痺したと信じ切っている。
これは筒井康隆のせいである(笑)

たばこ、やめたし…。
またデジャブを経験するんだろうか(笑)

兎に角、体はすこぶる楽になった。
あれだけひどくお腹を壊したのは初めてかもしれない。
やり過ごして思ったこと。それは“腸内洗浄”である。

ちょっとばかりすっきりした気分もないではない(^_^;)
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。