2007/09/24 (Mon) 01:13

猛虎の名が廃る

だらしがないったらありゃしない。
この終盤に来てのヤクルト3連敗。
折角の巨人叩きも帳消しである。

打撃部門のデータを見ていたのだが、阪神の金本は得点圏打率が悪い。
これがやはりスカッとしない最大の原因だろうと思う。

私が思うには広島時代の彼は相手が嫌だなと思うところでよく打ったような気がするのだ。
それがここ2年ほど感じられない。
それにテクニカルな話で恐縮なのだが、金本のスイング面が波打っているのが気になって仕方がない。
バックスイングが大きくて(力んでいて)最短コースからバットが出てこない。
いわばテニスのスイングに似ていると思うのだがどうだろうか。

今日も肝心のところでガツンなし。
そろそろカンフル剤が居るのではないだろうか。
打てなくて薄ら笑いを浮かべてベンチに引き上げる…。
ナガシマや王はあんなこと絶対にしなかった。
そんなに気にしなくてもいいやん…と思うほど深刻な表情だった。

今の選手は契約か何かしらないが、飾りもんが多すぎる。
ピンクのラインが入ったサポーターなんかしちゃって、首には輪っかがはまってるし、あれ巻いたら力出るのと違うんですか?

今の阪神野球、実に詰まらん。
これをまだいける!優勝や!と甘やかすからチームが強くならない。
連続試合出場なんかくそくらえである。
打てない奴は替える。
これがプロである。

鉄人は衣笠一人でいい。
奴は本当に鉄人だった。
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive