--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2007/11/07 (Wed) 02:57

色々と…。

10月からクマ塾のホームページで“kuma says”という日記を開始した。
ブログも元々は日記のようなものであるが、純然たる塾およびその周辺で起こったことを題材に上げようと始めた。
三日坊主な自分なのでどうかと思ったが、意外に続いている。
要するにブログの分化ができたのかもしれない。
当然、その分ブログの更新は減った。
それはそれでいい。

このブログもタイトルを替えねばならない。
もう塾長ブログではない。
ま、元々入試情報などというものは書けないので、塾長ブログという名前は看板に偽りアリである。

自前ドメインを取得したので、その中でブログを立ち上げてもよかったかと思うが、生来のずぼらがここでも、まぁいいか節を唱えてしまった。
私は、普段あまり人と会話を交わさない。
下手をすると塾が終わって、翌日子ども達と会うまで誰とも会話しないなんてこともある。

ブログをやり始めて気が付いたのだが、自分の会話の少なさを
文章を書くことで埋め合わせてるような気がするのである。

塾の先生は生活が不規則で不摂生と思われることが多いのだが、
私は実に規則正しく生きている。
ただ、余所様とは起きる時間が違うだけである。
あとは実に規則正しい。
だから、人並みの時間に行動した後は体調がガタガタになってしまう。

塾のHPに小難しいキャッチコピーのような文言を書いている。
が、そんな窮屈な塾ではない。
子ども達が子どもらしく振る舞える雰囲気を死守している。

勉強はできない子が多い。
そういう子ども達に共通した弱点を勉強を通して少しでも向上できたらいいではないかと思い、日々接しているわけだ。

そのためには“もういいや”と自分が萎んではいけない。
いつも好奇心をなくさないでいたい。
これはなかなか難しいことである。
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。