2008/03/31 (Mon) 01:30

一挙手一投足

なんでも、高校野球で面白いことをしたバッテリーがいたそうだ。
『魔法のキス、ピンチ救う 智弁和歌山バッテリー』キャッチャーがピッチャーのほおにチュッ!
この後ピンチを抑えたというからすごい!(*^.^*)

私は球技が大好きだ。
中でも野球は格別な競技だ。
野球は実は『間合い』の時間が『正味』の時間よりも長かったりする。
所謂所作ってヤツである。

これがかっこいい選手がやっぱり一流に多い。
『様になる』んだろうなぁ。
私が知っている野球選手でこの『間合い』が一番格好いいのはナガシマである。
彼のサードでの守備はそれはそれは芸術品のようだった。

トンネルをしたのに捕球し、ファーストのワンちゃんに投げる“ふり”。
これをTVか何かで見た記憶があるのだが、こんなことはきっとナガシマにしかできない。

そういう意味じゃ、今の選手はユニフォームの着方から勉強すべきではないのか。
あのトレーニングパンツのように長いパンツはいただけない。
イチローは昔ながらの短いものを着用している。
実はこのタイプの方が機能的なのだそうだ。
イチローの道具への拘りには感心させられる。

所作といえば、桑田が印象的だ。
怪我をして復活した時、マウンドに肘をつけてから投球練習をした。
今回もマスコミのリクエストなのだろうが、ボールを持ってマウンドに肘を付けていた。

皆色んなクセがあって面白い。

如何にぶれをすくなくするかということに神経を集中させる。
そのための所作である。
あれだけ一流のイチローでさえ、打率4割を越えられない。
飛んできた球を安打にする。この比率が4割を越えない。
これほど難しいから野球は面白いのである。

私と発音が“どうせいどうめい”の新井貴浩が良い感じだ。
タイガース(ファン)は広島に足を向けて眠れない y(^ー^)y m(_ _)m
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive