--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2008/04/16 (Wed) 03:50

未払い

先日、公立高校の入学金を払わない生徒が入学式に出られなかったという報道があった。これに賛否が寄せられているという。冗談じゃないと思う。

そもそも高校は義務教育ではない。
行く気のない子は行かずともよい。
非常に可哀想だが、行けない事情のある子も入学できないだろう。
それはそれとして、別の手だてがある。

この未払いだか、不払いだかには、意図を感じる。
払う気があれば払えるのだ。
もしも本当に支払う能力がないのならこの親達は別の手段を講じ、
子どもを入学させることもできた。
要は甘えである。
まさかという高をくくった考えである。
子どもに罪はないという意見が当然でるだろうが、こういう親の背中を見て育った子に良い影響があるはずがない。

大阪府でも同様の事態が起こっていて、払わなかったら入学を取り消せると要項を変えた途端に未払いは激減したという。5~6000円である。それくらいはなんとしてでもはらってやれよと私は思う。
そんな私は厳しすぎるだろうか?

子どもの学費、給食費などを平気で払わぬ鉄面皮の親。こういうのに限ってケータイはちゃっかり持っている。そして本当に経済的に困窮している人はちゃんと手を打って対処しているのだ。

ずぼらを許し、甘やかしてはいけない。今回のケースをニュースとして取り上げる方が本当はどうかしている。おかしなおかしなご時世であり、国である。
Trackback(-) comment*0 | 世間のこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。