--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2008/09/19 (Fri) 09:30

泣くか笑うか

同じ話をしていても、相手によって心の開放度が違う。
なんでも話せてしまうと感じる人がいる。
なんでも訊いてほしいと思う人がいる。
そんな人と一緒に行動できたら心の閉塞感も軽減される。

ある方が私と話していて感極まって泣いた。
男の涙だけにphが高い。
その姿を目の前にしてもらい泣きしそうになりながら
あぁ、よかったなと思ったのである。

少し、心が軽くなりましたか?
軽くなったら顔を上げて遠くを見てくださいね。

泣く方が笑うよりもストレスをより多く発散できるという。
いわば、煮詰まった時の奥の手であるわけだ。
そんな意味からも、すぐ泣くというのは、やはり良くない。

特に男の涙は濃度を上げておかなければならない。
やせ我慢の動物だからであることは言うまでもない。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。