--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2008/09/23 (Tue) 22:49

人間力

私くらいの歳になると、さすがに物事や人間の姿が見えてくるものだ。
だから無駄な動きがなくなる。
しかし、折角物が見えるようになっても体が付いてこないんじゃ詰まらない。
ここからは基礎体力だな、と思う。
しかし、だからといってジョギングなどは決してしないのだが…。

社会が豊かで練れてくると人を育てる方法にも無駄がなくなり、
育てられる方は、その“線路”に乗っかればそこそこまで上昇できるということになる。
例えば、スポーツや芸能がそうだ。

日本人は“型”が大好き。
だから育成に“型”を組み込む。
そしてその型に権威を持たせる。
恐れ入れ!というわけか。

ところがよーく見てみると、権威ある育成所を出ていても大して詰まらないアーティストやそつがないばっかりで人の心に残らないスポーツ選手ばかりになってくる。

漫才師や野球選手はその辺の空き地や公園から“生えて”こなくてはなるまい。

王選手が辞める。
相当参っていると顔に書いてある。
長嶋が倒れ、王が闘病生活者になった。
世界の王はその辺の公園で草野球をしていて見出された。

何でもかんでも集めて教えて授けるこの国の教育法にそろそろ本気で否を唱える要あり、と見ている。
Trackback(-) comment*0 | 世間のこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。