--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2008/09/25 (Thu) 02:28

ん?それって…どうなん?!

王さんが監督を辞めるそうだ。
なんだか最近の顔を見るにつけ、もう止したら?と言いたくなるような元気のない表情であった。胃の摘出というのは今は簡単できるが、術後の食事が難しいと訊く
王さんはご自分で大食漢だと言っていた。そういう人が胃を取られてしまうというのは気の毒である。
大事に至らないことを願う。

王さんは現役時代、大リーグのハンクアーロンのホームラン記録を抜き、“世界一のホームランバッター”と呼ばれたが、私はそれはどうかと思う。
何も大リーグの記録と数の上だけで比較しても仕方ない。
日本の野球界でいいではないか。前人未踏の記録である。
一つ付け加えると、ホームランの数ももの凄いのだが、実は四死球ももの凄い。これも前人未踏である。二位の落合に1000以上の差をつけている。
打たしてもらえないのに打ったのである。
この王の“上”に長嶋が居た。王ですら越えられない存在の長嶋。
ミスターと呼ばれ、Japanの前にナガシマを冠することを国民が許した野球人。
ムードのナガシマ、記録の王。私はそう踏まえている。
そして、この二人に野村を加えた三人は日本野球界の記録を総なめにし、且つ野球界を支えてきた人達だ。

その長嶋が病に倒れ、それでも病躯に鞭打ってダメ巨人を応援した姿に感動した。
今度は王が倒れた。胃を取っても彼は現場に戻った。

その王さんが辞める。
野村が“あの二人が居なかったらオレが一番や”とコメントした。
一見どうなの?と思ったが、これは野村さんだけに許された、ジョーク。
その実、心からお疲れさんと彼は思っているらしい。

そして、星野もコメントした。
“北京で負けて帰ってきたあと、王さんに慰めてもらったことが忘れられない”
うん、一見ごもっともだ。

だが、よく考えるすり替えている。
んなことは王さんにな~んも関係ない。ただ自分の立場を誇示したいがため王さんを利用したのだ。
北京で負けたからこの人の評価が下がったのではない。
それがこのコメントによーく表れている。

そういう観点をきちっと持たなければなるまい。
Trackback(-) comment*2 | 世間のこと
comment
おっくん #-
御無沙汰をいたしております。
四十は惑いまくり…公私ともにドタバタです。
いつもながら切り裂かれるようなコメント…
もうひざを叩いて頸椎損傷しそうになりながらうなずいてしまいました。
そうですよね。
何にしても極めた人は無言で語れます。
勘違いした人は自ら『カリスマ』と称し、苦笑されるようになるんですね。
後者の顔ばかりがわらわら思い浮かぶのが、なんともにがにがしいです。
2008/09/26(金) 15:13:51 | URL | edit
kuma #-
アハハ(⌒▽⌒)
どなたか特定の人物が頭の中にいらっしゃるようです…。
因みに。五十越えても惑いますからψ( ̄▽ ̄)ψ
2008/09/27(土) 03:13:20 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。